ケガの処置

嘴や爪のケアから、鼻水が出る・食欲がないなど、病気かな?
と思ったときの情報交換。早めにリクガメを診れる動物病院へ。
アバター
ぴえ~る
サイト管理人
サイト管理人
記事 : 1927
登録日時 : 2008年 7月14日( 月) 14:28
お住まい : 東京都

ケガの処置

投稿記事by ぴえ~る » 2009年 8月06日( 木) 12:50

我が家のヘルマンはとても腕白なのでシェルターの上からダイブする、
などということが日常茶飯事です。
大怪我をされるとたまらないのですが、少々のケガは元気な証拠と
自由にやらせています。先日、頭から激しく落下し、出血するほどの
擦り傷を負ってしまいました。

動物病院につれていく、飼育者の処置で十分・・・・
この判断基準は飼育者がカメの状態を見て判断するしかないと思いますが、
明らかに軽症である場合は、簡単な処置でその後の治りも早くなります。

以下、ケガについての簡単な処置について書いておきます。
初心者の方はちょっとしたケガでもヒヤヒヤものでしょうから、
参考になれば幸いです。ただし、判断が難しい場合は迷わず獣医師に相談してください。
専門書を読んでわたしが実践したという、個人の体験に基づくところも
大ですので、結果的に悪化してしまう可能性もゼロではないことを予め御了承ください。
処置することによって悪化する確率は0.01%くらいだと思っていますが。

------------------------------
●切り傷・擦り傷
------------------------------
小さなな傷は放っておいても基本的には治ります。
ただ、消毒をしておくとより安心です。
放置するか消毒するかをまずは判断しましょう。
消毒すると決めたら消毒液を入手します。
消毒液は人間用のもので大抵代用可能です。
個人的にはオキシドールが一番だと思っていますが、
マキロンでもイソジンでもOKらしいです。
小型種には綿棒、大型種ならガーゼで患部に塗ればいいでしょう。
擦り傷などで傷口が大きい場合(広い場合)は、
化膿する場合があるので、テトラサイクリン系の
抗生物質なら薬局で入手可能ですので
それを塗ってあげましょう。これだけでかなり安心ですし、
大抵の傷はこれで問題ないと思っています。

ただし、抗生物質はすべての菌に効くわけではないので、
症状が悪化するようなら、音速で獣医師に相談してください。
ヘタにいじくるとケガが長引き、結果的に個体にも自分のサイフにも
大きな負担がかかりますので。

<実践結果>
わたしの場合はヘルマン♂の頭部に4ミリ×4ミリくらいの大きな
擦り傷ができたので(血がにじんでました)マキロンで消毒を数回行ないました。
頭部なので目に入らないよう注意が必要です。
マキロンやオキシフルであれば、万一目に入っても大きな問題にはならない
かもしれませんが、入らないほうがいいに決まっているので、
そこだけは十分に注意してください。

数日で傷口がふさがりかけてきたので、抗生物質は不要と判断しました。
約2週間程度で、ほぼ傷口が分からないようになってきましたが、
時折傷口から血がにじんでいたので、治りかけにまたダイブして
頭から落ちたようです・・・・。いまでは、すっかり全快しており、
性懲りも無く腕白ぶりを発揮しています。

手の怪我の場合は、その手で目などを触る危険性もありますので、
そのあたりも十分に考慮して処置しましょう。

戻る