紫外線についてイロイロ話しましょう♪

市販されているUVランプの「UVB量」を実際に測定してみました。
飼育の参考にしていただければ幸いです。
アバター
ぴえ~る
サイト管理人
サイト管理人
記事 : 1930
登録日時 : 2008年 7月14日( 月) 14:28
お住まい : 東京都

紫外線についてイロイロ話しましょう♪

投稿記事by ぴえ~る » 2008年 9月16日( 火) 10:36

これから徐々に冬になりますねぇ。
冬眠させない飼育方針の方や、
させないほうがいいとされている種を飼育されている方にとって、
「日光浴をさせてやれない」という悩みをお持ちの方も多いかと思います。

種によってリクエスト量も違うと思われ、現時点では適切な紫外線量というのは
感覚的なものでした把握できていない、というのが実情かと思います。

イロイロと意見を交換できればうれしいです。

わたしのUVBだけに限った環境は、下記の通りです。

<大型ケージ1200*600 ギリシャアダルト> レプティサン10.0ソケットタイプ×1
<小型ケージ600*300 ヘルマンベビー> レプティグロー10.0ソケットタイプ×1

アバター
けんけん
RJ staff
RJ staff
記事 : 326
登録日時 : 2008年 7月14日( 月) 17:31

Re: 紫外線についてイロイロ話しましょう♪

投稿記事by けんけん » 2008年 9月16日( 火) 11:50

紫外線ライトは、商品ごとの優劣について明確な基準がなく、使いかっての良さでライトを選ぶ人が多いのではないでしょうか。
みなさんがどのライトを使っているのか、使用感等、参考になりそうですね。

私は、ポゴナパワーUVB32wと20w(ともに蛍光灯タイプ)を使用しています。
蛍光灯タイプは万遍なく紫外線を照射できますが、ケージ上部の使用が制限されてしまうのが欠点ですね。

アバター
尚美
☆☆☆☆
☆☆☆☆
記事 : 601
登録日時 : 2008年 8月27日( 水) 12:21

Re: 紫外線についてイロイロ話しましょう♪

投稿記事by 尚美 » 2008年 9月16日( 火) 19:28

私はRex UV Oneを使っています。もっと強烈に紫外線の出るものを勧められましたが、カメが光を嫌う種類なので一番光がでないタイプのメタハラを選びました。
メタハラはほぼ真下に向けカメが目を傷めないようにしてます。
曇りがちの日が続くと自分からメタハラの真下にやってきてメタハラ浴する姿も何度も確認しています。もう一年半経っているのでそろそろ寿命かな、と思っていますが次に何の機種を購入するかこちらで色々勉強したく存じます。太陽光に勝るものはないということは周知の事実ですが、明るさと温かさ、体内時計を正確に保つという意味でも紫外線灯は大事だな、と思います。

アバター
ぴえ~る
サイト管理人
サイト管理人
記事 : 1930
登録日時 : 2008年 7月14日( 月) 14:28
お住まい : 東京都

Re: 紫外線についてイロイロ話しましょう♪

投稿記事by ぴえ~る » 2008年 9月18日( 木) 12:17

http://www.uvguide.co.uk/

勉強熱心な人はとっくにご存知だと思いますが、
一応uvguideのURLを載せておきます。

英語が苦手な方は、英和翻訳サイトにURLを流し込むという裏技で
大筋の情報を得ることができます。
当然私は裏技派です。(英語はまったくペケなのです)

レプティサンについての記述もあるようですね(笑)
注意はしつつも、神経質になりすぎずに、数字だけに踊らされず、
しっかりと観察を続けたいと思います♪

testudo hermanni

☆
記事 : 13
登録日時 : 2008年 9月18日( 木) 12:51

Re: 紫外線についてイロイロ話しましょう♪

投稿記事by testudo hermanni » 2008年 9月18日( 木) 13:21

ぴえ~る さんが書きました :注意はしつつも、神経質になりすぎずに、数字だけに踊らされず、
しっかりと観察を続けたいと思います♪


testudo hermanni と申します。mixi のコミュニティでもお世話になっております。

神経質になる必要がない、数字に踊らされないというのは、カメにとって必要なUVB量が明らかに
なっていないのでまったくその通りだと思いますが、UV Guide UK で指摘されている一部の紫外線
ランプに関する問題はそれとは異質の問題だと思います。

一般的に入手可能な測定器では、おおざっぱに UVB 領域における光の強度を積分するだけです。
なので、UVB 領域においてどの波長(UVCに近い波長かUVAに近い波長か)が強く出ているかを
見分けることができません。実際、UV Guide UK での実験によると、UVB強度が同じ 100μW/cm^2
の値を示すランプであってもそのスペクトルグラフがまったく異なる場合があることを示しています。
コンパクトタイプのレプティサンの場合、UVB 領域でもどちらかというと UVC に近い波長が多く出て
おり、これが、生体の目へ影響を与えた(結膜炎を起こした)のではないかということになっています。

理想的なのは、UVB が強い、かつ、安全(短波が出てない)ということです。なので、UV Guide UK では、
UVB 量だけでなく、UV Index を併用しています。
# UV Index は低ければ低いほど生物へのダメージが少ないと解釈できます。

飼育者はきちんと『数字の意味』を理解しなければならないと思います。確かに、どの程度の UVB 量が
必要かは解明されていませんが、短い波長の紫外線が生物に悪影響を与えることは明らかなのです
から神経質になることも必要でしょう。

アバター
ぴえ~る
サイト管理人
サイト管理人
記事 : 1930
登録日時 : 2008年 7月14日( 月) 14:28
お住まい : 東京都

Re: 紫外線についてイロイロ話しましょう♪

投稿記事by ぴえ~る » 2008年 9月18日( 木) 16:28

testudo hermanniさん どうもです~~♪

testudo hermanni さんが書きました :飼育者はきちんと『数字の意味』を理解しなければならないと思います。確かに、どの程度の UVB 量が
必要かは解明されていませんが、短い波長の紫外線が生物に悪影響を与えることは明らかなのです
から神経質になることも必要でしょう。


まったくおっしゃるとおりです。でも、ちょっとINDEXは難解ですねぇ(笑)
普通の人にはちょっと理解できないかなぁと思いました。
コンパクトタイプ(ソケットタイプだと認識してます)は、10.0とかいう不名誉な高いスコアですから
気になるといえば気になります。

もしよろしければ、その辺りをわかりやすく解説していただけるとうれしいです(笑)

あと、この発表に対しメーカーは反発したかご存知でしょうか?
事実を認め商品を自主回収したとなれば、これはもう
「使用には不適」といわざるを得ないですよね。

一応、いやしくも「政府機関認定のUVランプメーカー」とHP書いているのなら
そちらの言い分も聞いてみて、それから総合的に判断したいところです。

アバター
いんたげ
☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆
記事 : 1089
登録日時 : 2008年 9月01日( 月) 12:40

Re: 紫外線についてイロイロ話しましょう♪

投稿記事by いんたげ » 2008年 9月18日( 木) 23:34

私はレプティグロー8.0(蛍光灯タイプ)を使用しています。
リクガメはどうしても冬場は温めるか冬眠をさせるしかないので
紫外線不足は気になるところですが、一方で冬場に紫外線が足りなくて
甲羅がふにゃふにゃになってしまうということ(パンケ除くw)がどれほどの頻度であるのか
わからないのでそれほど気にすべきことなのかどうなのかという疑問もあります。
真冬でなければ日が出てる時に適当に日光に当ててやればそれで
十分なのではないかという気もしますが、長年リクガメを飼育されている方は
どのように感じているのか意見を聞いてみたいです。

アバター
ぴえ~る
サイト管理人
サイト管理人
記事 : 1930
登録日時 : 2008年 7月14日( 月) 14:28
お住まい : 東京都

Re: 紫外線についてイロイロ話しましょう♪

投稿記事by ぴえ~る » 2008年 9月19日( 金) 10:24

種によっても当然ながら紫外線の要求量が違う、といくつかの飼育書でも
書かれているようですね。

ソフトシェルになるくらい(程度問題はありますが)ヒドイ状況というのは
成長期のチチュ系に多いように思います。でも、これは単に飼育されている数が
多いだけかもしれませんので、なんともいえませんねぇ。

ホシに関しては、あまり紫外線不足が原因と思われるMBDのハナシは
聞かない様に思いますが、案外多いのでしょうかねぇ。
詳しい方がいらしたら、教えていただきたいです。

成体になれば、冬場でも太陽光が出たら日光浴させることができると思うのですが、
幼体や虚弱個体の場合は、心配だというのが飼育者心理でしょうね。

うちのギリシャ(ほぼ成体)は3月ごろでも太陽が射したら、ベランダに放り出してましたし、
窓際で窓開放など、温度より自然光重視で育てていたので(現在も庭に居ますし)
それほど紫外線不足を気遣ったことは、正直なところないですねぇ。

ホシに関しては飼ったことがないので、同じような考え方で大丈夫なのかは
全然わかりませんが・・・。


戻る