カメエサ辞典

●カネノナルキ
学名Crassula ovata(シノニムC. portulacea)。カネノナルキ(金のなる木)とは、 ベンケイソウ科の多肉植物の一種。オウゴンカゲツ(黄金花月)、 カゲツ(花月、クラッスラ・ポルトゥラケア)ともいう。 和名はフチベニベンケイ。 原産地は南アフリカ。低木で葉は多肉質、葉に斑の入る種類もある。開花期は冬。 大型種飼育者の間では「カメに襲撃された」「齧られた」という話が飛び交っている。 ベンケイソウ科の多肉植物なので、それほど害になるとも思えないが、 カメエサとして適切かどうかは、現段階では不明。

写真はコチラ!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-15 (月) 22:06:59 (2627d)