カメエサ辞典

●クズ
学名:Pueraria lobata 花期:8〜9月 マメ科クズ属。山野のいたるところで見られる大型のつる状草本。根っこからは葛粉がとれる。葉は3小葉からなり、幅広くとても大きい。地面を這うツルは、節から根を出し、あちこちに根付く。根は深く、園芸屋さんからは忌み嫌われている。花は秋に咲き、穂状花序が立ち上がり、赤紫の豆の花を咲かせる。花は甘い芳香を発する。果実は枝豆に似て、やや小型。爆発的に増殖するため、大型種の飼育者にとっては宝の山的カメエサ。小型種でもまずまず食いつきは良いが、繊維が非常に硬いため、消化器官内で詰まるような事例も散見される。葉っぱのみを与えるなどの配慮があってもいいかもしれない。

写真はコチラ!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-28 (日) 11:45:34 (2615d)