カメエサ辞典

●ハキダメギク
学名:Galinosoga ciliate 花期:春〜秋 キク科コゴメギク属の1年草。熱帯アメリカ原産の帰化植物。関東以西に多く見られる。窒素分の多いゴミ捨て場、畑のわき、道端などに生える。高さは10〜60cm程度。夏から秋にかけ、小さな花を咲かせる。花は枝の先につき、直径5mm程度。5枚の先端が3裂する短い白色の舌状花、および多数の黄色の筒状花からなる。葉は対生し卵形、縁は浅い鋸歯を持っている。 食いつきもまずまず良好なので、見つけたらぜひカメエサとして試してください。

写真はコチラ!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-15 (月) 22:06:59 (2565d)