カメエサ辞典

●ハマダイコン
学名:Raphanus sativus ver. hortensis f. raphanistroides
花期:4〜6月 大根が野生化したものとされ、主に海岸や河川敷などの砂地に生える越年草。肥料を与えて栽培しなおすと再びダイコンになるという。茎の高さは30〜70センチ程度で枝を分ける。ダイコンの葉は優良カメエサとして飼育書などでもおなじみであり、それが野生化しているのだからカメエサとしては申し分ないだろう。越年草であることもポイントが高く、他のカメエサが手薄になる「冬場」が旬となる。大型種の飼育者から「冬場はハマダイコンのお陰で随分と助かっている」という声も聞かれた。

写真はコチラ!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-15 (月) 22:06:59 (2656d)