カメエサ辞典

●ホトケノザ
学名:Lamium amplexicaule 花期:3〜6月 シソ科オドリコソウ属の越年草。東アジアやヨーロッパ、北米などに広く分布している。茎は細く基部で枝分かれし、10〜30cmくらいになる。葉は半円形で長さ幅ともに1〜2.5cm。縁には鋸葉がある。花は紅紫色の唇形花。春、里の野原や道ばたなどで普通に咲いている。日当たりのよいところでは、冬のうちからピンク色の花をほころばせている。なお、春の七草のホトケノザは、本種では無くコオニタビラコのことをさす。カメエサとしては、 時折ネガな意見も聞かれるので、念のためにも一度に大量に与えるなど、偏重には注意したい。

写真はコチラ!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-15 (月) 22:06:59 (2538d)