はじめてのリクガメ飼育Q&A

床材を用意しよう!

リクガメの屋内飼育(特にケージでの飼育)では、飼育スペースの床にどんなものを準備すればいいでしょうか? ガラスやプラスチックのケージは、底面がツルツルしていて歩きづらく、また排泄物を吸収しないので掃除も大変ですので、そのままではとてもリクガメを飼育できる状態ではありません。床材選びにはいくつかのポイントがありますので、覚えて置いてください。

  1. 汚れたら取り替えることが出来る(清潔に保てる)
  2. 食べても安全である
  3. 湿度調整が出来る
  4. 粉末などがカメの鼻孔に入らない
  5. 尿を吸い取ってくれる
  6. カメが歩きやすい

これらの条件を満たすものが、良い床材であるといえるでしょう。

市販されている床材には、それぞれ一長一短があり、決定版といえるものはありませんが、一般的な床材を紹介しておきます。

  • ウッドサンド(木の砂)
  • 赤玉土
  • 鹿沼土
  • 爬虫類用床材(各種あります)
  • 干し草
  • ペットシート

■ケージを置く場所を決めたら、次に床材を決めましょう!

シェルターを作ろう!


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-15 (月) 22:07:00 (2627d)